水道の水漏れは放置せず修理を

水道から水漏れしてしまうと、床が水浸しになってしまったり、修理せずに放っておいて知らないうちに水道料金が高くなってしまったりと、何も良い事はありません。水漏れを発見したら、出来る限り早めに業者へ相談する事をおすすめします。

■水漏れの原因を探る

水まわりがなぜか水浸しになっていたり、水の流れる音が聞こえたりする場合、水漏れが起こっている可能性があります。その時はまず、どこから水が漏れているのか調べましょう。ハンドルやレバーの結合部なのか、吐水部もしくは配管からなのかなど、場所を見つける事で原因も見えてきます。蛇口の閉め忘れでなければ部品が経年劣化などにより故障している可能性が高いので、業者に調べにきてもらうのと共に、見積もりをお願いしてみましょう。

■水を止めて被害を食い止める

何らかの原因で水漏れが確認できた場合、まずは蛇口に繋がっている止水栓を閉め、水がそれ以上溢れてこないようにします。業者の手配をしたとしても、その間、水が流れたままですと、料金もかかっていきますので、水は止めるようにしましょう。止水栓がどこにあるのかわからない場合、ひとまず自宅全体の水を止める元栓を閉めてしまっても良いでしょう。


■まとめ
水漏れは部品の経年劣化による事が多く、修理や部品の交換が必要です。そのままにしていても自然に直る事はまずありませんし、それよりも状況が悪くなる事がほとんどでしょう。水漏れを確認したら原因究明のために止水栓を閉めて水を止め、業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ