東京での水まわりの修理・トラブル解消は水道業者へ

東京にお住いのかたで油断されがちな水まわりのトラブルとして、水道凍結への警戒心が弱かったりしないでしょうか。基本は暖かい地域ですが、冬季に関しては東京であったとしても、水道が凍結するリスクがありますので、注意しなければなりません。

■しっかり凍結対策を行おう

冬季には気温が低下し、水道管が凍結したり、それによって破裂するリスクがあります。滅多に起こる事ではないかもしれませんが、もし起こった時、水道管が破裂してしまい、修理費が一気にかかる事も考えられます。気温が下がると天気予報で確認した場合は、就寝時や外出時に水抜きをしたり、少しだけ水を流しておいたりと、何かしらの対策はしておくべきでしょう。凍結は水道管を損傷させる可能性があるトラブルの一つなので、冬季は十分に気をつけましょう。

■都内だからといって安心できない

水道管の凍結は北海道や東北など、寒い地域に多い現象だと思われがちです。確かに、凍結という現象に関しては気温の低い地域の方が起こりやすいですが、そのような地域は冬季になると十分な対策をします。そのため、意外と東京など温かい地域の方が油断し、凍結現象を起こしやすい傾向にあるのです。



■まとめ
東京都内でも水漏れや詰まりなどのトラブルはもちろん、凍結といったトラブルも少なからずあり得ます。ご自身でできる対策はしっかりと行い、万が一トラブルが起こった際には見積もりをお願いしてから、業者に修理をしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ