つまりの修理は水道の業者を頼ろう

水道や水まわりのトラブル・修理の原因の中でもうっかり起こりやすい事としてトイレのつまりがあげられるのではないでしょうか。大量のトイレットペーパーを流してしまった、水に溶けづらいティッシュを流してつまりを起こしたなど、内容はさまざまです。修理に困った時は水道の業者に依頼して直してもらうと良いでしょう。

■無理やり直そうとしない

トイレのつまりは、一般家庭ではラバーカップで直そうとされる事が多いでしょうが、それでも解決できないという場合もあります。無理に器具を突っ込んだり、お湯を流したり、衝撃を与えたりするのはおすすめしません。無理やり直そうとすると、便器を傷つけ、亀裂が入ってしまうと次は水漏れが起こってしまう可能性もあるからです。無理はせず、解消できないときは業者を頼る事をおすすめします。


■今以上にトラブルを大きくしないように

トイレなどのつまりを業者に直してもらうと、それなりに費用がかかってしまうため、正直なところご自身で解決出来るのならしたいと考えると思います。確かに業者に依頼した場合、費用がかかってしまいますが、ご自身で試行錯誤した結果、余計に他の部品を壊してしまうと、さらに負担が増えてしまう事もあるのです。あまり手は触れず、業者に相談してみるのが得策でしょう。



■まとめ
トイレや排水口のつまりは、ご自身で直せる場合もあります。しかし、無理にやって余計に部品を壊してしまうよりは業者に依頼した方が確実です。慌てず、冷静にご相談される事をおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ